結婚式場で幸せを誓う素敵な日~二次会でもみんなで盛り上がろう~

二次会の会場を考える

ウェディング

結婚式などの場合は挙式、披露宴を行なった後に二次会を行なう場合も多く、出席者同士や新婦や新郎とコミュニケーションを取るのに良い場となっています。レストランやイベントスペースを使用する事が多いようです。

代行してくれるから安心

結婚式の二次会で幹事を任されたとき

ウェディング

親しい友人、会社の同僚または上司、結婚式に参加する機会は社会人になるほど増えてくる。その中で二次会まで参加する機会も少なくないだろう。もし唐突に二次会の幹事を任されたときにも困らぬようしっかり準備をしておきたいものである。二次会の幹事といえば、会場選びから、予算の計算、参加人数に把握などやるべきことがたくさんある。幹事として参加者はもちろん、新郎新婦にもがっかりされないようにまずは結婚式の二次会の平均的な価格をチェックしてみよう。お店での飲食代、そこにお祝いのケーキ代やゲーム・余興に使う備品・景品代などが入り、それを参加人数で割った数字が二次会の予算だと言えるだろう。飲食代が一人当たり約4000円、ケーキ代が一人当たり約1000円、備品・景品代が約1〜2万円と考える。ケーキや景品をどのレベルのもので用意するかは幹事のさじ加減によるので多少の上下はあるだろうが、平均から考えると最低でも6000円ほどは参加者に用意してもらっておいた方が無難だと言えそうだ。結婚式場などから近い会場であれば、参加者なども多く集まりますし、東京などの場合は結婚式場も数多く存在するので、結婚式場探しにもこだわりましょう。

当日までにやるべきこと

予算の範囲から条件にあったお店を選定し、お店の人と綿密な打ち合わせをする。マイクの貸し出しの有無やケーキの持ち込みの可否などをしっかり聞いておこう。ここで会場でやって良いこと悪いことの確認をしっかりしておくことも大事である。次に二次会に呼ぶ人に連絡を取っていく。一ヶ月程度の余裕をもって連絡をしておいた方が良いと考えられる。それから景品の準備や、幹事からのサプライズとしてビデオレターや新郎新婦の両親からの手紙などを準備しておくと幹事としてのポイントもあがること間違いなしである。大変なことも多いが、その分人からの信頼がなければ務まらない幹事という大役で恥をかかないためにも来るその日のために今から準備をはじめておくと良いかもしれない。

二次会のスタイル

ウェディング

結婚式後の二次会では親しい友人と集まって交流する事が出来るパーティーとなっています。最近では飲み会などの様な雰囲気で二次会を行なうのが一般的なスタイルとなっているので、楽しく過ごせる場所をチョイスしましょう。

ゲストとの楽しい時間

ウェディング

結婚式の披露宴の後には友人などが参加する二次会が開催されるのが一般的です。二次会では友人に幹事を依頼するのが一般的ですが、近年では幹事代行サービスなどもあるので、ゲストに楽しんでもらいたい場合は利用してみましょう。